地域再生事業

福岡県北九州市の八幡東田地区における環境共生の街づくりなど、
製鉄所周辺の大規模遊休地開発による街づくりを手掛けてきました。

八幡東田総合開発

100年の間に培った街づくりの実績で、先進的な環境未来都市を創出。

1901年、官営製鉄所が操業を開始した我が国の産業革命発祥の地「八幡東田地区」。
この日本製鉄㈱の八幡製鉄所の工場跡地で、産官学民の連携により持続可能な街づくりへの挑戦が進められています。自立分散型エネルギー供給システム「東田コジェネ」や国内最大級のデータセンターを含むグリーンIT拠点など高度な都市基盤をベースに、今後の都市におけるエネルギーインフラ・エネルギー需給のあり方を実証的に検証する「スマートコミュニティ創造事業」や「北九州水素タウン」の実証実験などの先駆的な取り組みが行われ、国内外から注目を集めています。

「仕事」と「暮らし」の
情報拠点

メディアパーク
(17ha)

北九州e-PORTの拠点としてiDC、コールセンターをはじめとするICT系業務施設、医療施設、商業施設等を複合集積。

北九州テレコムセンター

商業、業務、サービスの
集積地

タウンセンター
(12ha)

幅員100mのシンボル空間、東田大通りを中心に大型商業施設が集積。

イオン八幡東ショッピングセンター

文化環境と自由時間を楽しむ
生活空間

ミューズパーク
(7ha)

北九州市SHINE博物館構想のもと、学習・遊び・環境が一体となった自由時間拠点として整備。

いのちのたび博物館

21世紀の快適な都市生活を
提案する環境共生住宅ゾーン

アーバンレジデンス
(5ha)

多世代混住と環境共生を目指した住宅街区。リビオ東田ヴィルコートは、次世代省エネ基準比約34%のCO2削減を達成。

リビオ東田ヴィルコート

親水緑地と交流・レジャー施設の
複合開発によるアーバンリゾート拠点

ベイフロントパーク
(11ha)

洞海湾に面した立地を活かし、親水緑地や交流・レジャー施設、天然温泉施設、結婚式場などを整備。

シーサイドスパ

東田コジェネによるエネルギーの地産地消

  • 国際物流特区の規制緩和活用による電力供給事業
  • 電力は市街地(八幡東田地区)へ供給、蒸気は製鉄所で利用

関連ページ

大規模地域開発

蓄えてきた独自のノウハウを、全国の街づくりに展開し、持続的発展に貢献

大津・勝原地区開発

エリア一体開発による地域の活性化と資産価値向上を実現

姫路市大津区・勝原区

日本製鉄広畑製鉄所の社宅跡地約36haでの複合開発事業です。450区画の「フェアビラージュあやみの」及び、293区画の「ブルームガーデンのぞみ野」、20区画の「パークフロント大津ひなた野」を分譲。地区計画や街並みルール等により、快適で美しい住環境の維持を図っております。さらに、「イオン姫路大津ショッピングセンター」と「朝日スポーツクラブ」に加え「カインズ姫路大津店」を誘致、地域の活性化と資産価値の向上を実現しています。

ブルームガーデンのぞみ野

イオン姫路大津ショッピングセンター

八幡高見・住宅開発

官民が連携し次世代の住宅市街地を形成

北九州市八幡東区

計約280戸の北九州市内屈指の大規模分譲マンションプロジェクトです。本プロジェクトは、八幡高見地区住宅市街地総合整備事業として、行政と連携したまちづくりを行っています。第1街区の「グランリビオ高見七条 桜の杜」では、「桜と水の庭園都市」をテーマに、桜をはじめ四季を感じる豊富な植栽で外構を彩り、高見の街並みとの調和を意識した計画としております。

八幡桃園・地区開発

北九州屈指の良質な住環境を実現

北九州市八幡東区

日本製鉄八幡製鉄所の社宅跡地11haを5つの街区(戸建・マンション・公園・利便施設・医療介護施設)で構成し、サスティナブルな街づくりを目指して取り組んだ大規模開発事業です。

室蘭中島・商業開発

空洞化が進む地域の活性化に貢献

室蘭市中島本町

日本製鉄室蘭製鉄所のグラウンド跡地9haにおいて「SUPER ARKS」を核とした大型ショッピングモール「MORUE(モルエ)中島」を開発。地域と共生・共存する施設として人口減少や、空洞化が進んでいた地域全体の活性化に貢献しています。

長崎 BizPORT

長崎市元船町

長崎駅・長崎県庁から至近で、長崎港に面した歴史ある倉庫をオフィスビルに建替えました。都市圏からの企業誘致を想定してレイアウトしやすい無柱の室内空間を設計。建物から海に向かって公開空地を配置するなど、長崎県や長崎市が目指す進出企業の受け皿となり、約1,000名規模の新規雇用創出に資する空間づくりを実現しました。

釜石・復興公営住宅

釜石市の早期復興と新たな街づくりを支援

釜石市上中島町

日本製鉄が所有する敷地において、復興公営住宅210戸を整備しました。震災後にいち早く被災者に住宅を提供するため、短工期・低コストで開発。また、住民同士の交流の場の設置や高齢者・単身者の「見守り」を兼ねたコミュニティの醸成を行っています。

釜石・上中島こども園等一体開発

釜石市上中島町

施設の老朽等により保育環境の改善を課題としていた上中島保育所、上中島児童館、また東日本大震災大津波で被災し、旧小川幼稚園を仮の場所として運営していたすくすく親子教室の3施設を、日本製鉄㈱の所有する土地に集約移転し、一体整備を行いました。児童施設としての役割だけではなく、復興公営住宅を含む上中島地域のコミュニティ形成に寄与しています。

関連ページ