INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
豊永 悠馬
関西大学
環境都市工学部

賃貸事業本部
運営管理部

「人のための街づくり」を
本気で考える人々と触れ合えた。
自分の心にしみるものがあった。

ここの社員さんは他社とは違う。本気なんだ。

――デベロッパーを目指すようになったのはいつ頃ですか?

大学2回生の頃ですね。僕は関西の、ある商業施設の屋上ガーデンが好きなんです。そこは緑あふれる広々とした庭園で、いるだけで気持ちをリセットできるし、エネルギーが漲ってくるような感覚になれるので。自分もそんな風に、人の心理に影響を与えられる場所がつくりたいと考えて建築学科に入ったのですが、このままの道に進むと図面を書くことがメインの“線を引く仕事”になってしまう。コンセプトづくりから携わるなら、やっぱりデベロッパーだな、と。早い段階から的を絞り込んでいました。

――デベロッパーのインターンシップは何社ぐらい参加したんですか?

合計で4社です。新日鉄興和不動産の場合は、5Daysインターンシップに先立って、街づくり体感セミナーが開かれたわけですが、そのディスカッションの最中に、すごく印象的なやりとりがありました。チームメンバーの一人が社員の方に「人のための街づくりなんて、どのデベロッパーもやっているのでは?」と質問した時のこと。「自分たちは地権者や利用者、周辺住民と向き合い、誰よりもこだわり抜いた開発を行っている。それが新日鉄興和不動産の特徴」とおっしゃったんです。
その毅然とした口調から、「ここの社員さんは他社とは違う。本気なんだ」と確信。人のための街づくりがどんなものかを体験してみたいと考えて、5Daysインターンシップに申し込むことを決めました。

細部まで心地よさが追求されている。
「自分も住みたい」と思える街がそこにあった。

――東京での就業体験はどんな内容でしたか?

開発企画本部という部署で、都市再生の実務に触れるというものです。具体的には、3社のジョイントベンチャー(JV)で進められている大宮駅前の再開発を見せてもらい、2つの会議に参加しました。最初に行われたのは、地権者や周辺住民の意見を取りまとめている現場の所長さんとのミーティング。その後が現場の声を踏まえた3社のJV会議です。
現地で聞いた要望は、道路の植栽や施設の営業時間にまつわることなど大変に細かくて、件数も非常に多かったので、事業性の面からもすべてを受け入れるのは難しそうでした。ただ、「地域のお祭りができるように広場は必ず設けたい」など、地元の期待に応えるために真剣な議論をしている社員さんの姿に触れて、本当に人々のことを思って仕事をされているんだな、と感じました。

――九州の街づくりでもその精神は感じられました?

はい。単にどれだけ多くの売り物をつくるかに主眼を置くのではなく、100年後もそこに住み、集う人々のことを考えた快適な街づくりが行われていたと思います。例えば八幡の高見地区では、住宅の前に、近くの川から太陽光発電で引き揚げてきた水を流していました。しかも、せせらぎの水の音が聞こえるように、水路をあえて蛇行させる工夫までなされており、純粋に「自分もここに住みたい」と思いましたね。

「人と向き合い、街をつくる。」
最初はピンとこなかった言葉の意味が、今では深く心にしみる。

――5日間を通して自分自身にどんなプラスαがあったと思いますか?

新日鉄興和不動産は、「人と向き合い、街をつくる」という企業理念を掲げていますよね。でも、最初にこの言葉を聞いた時は、ただ“フ~ン”と思っただけで、あまり響いてこなかった。それがインターンシップに参加して、利益第一ではなく、本当に人々と向き合い、人々のための開発を行っていることや、土地の潜在的魅力(住民の方々の過ごし方・文化・地域性など)を活かした街づくりをしていることが理解でき、この言葉の見方、捉え方が変わりました。それが自分の中で一番の変化、プラスαといえる部分かなと。今はこの言葉を目にしただけで、心にしみるものがあります。

――その他に良かった点はありますか?

沢山の社員さんに会えたことも良かったです。就業体験では、学生1人に対して社員1人だけでなく、場合によっては2人、3人で対応してくださり、学生対社員の比率という意味からも、インターンシップを体験した会社の中で、最もケアが手厚かった。さらに面接の時も、僕の人となりを深く理解しようとしてくれて、嬉しかったことを覚えています。街に住む人・利用する人だけでなく、学生も含めて、すべての人を大切にする会社。それが、新日鉄興和不動産に対する印象ですね。