INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
属 崇
熊本大学
工学部

住宅事業本部
開発第二部

東京に出て、
しっかりと勝負しなければ!
インターンシップに行って覚悟ができた。

探していたのは、大学名じゃなく、
自分自身を見てもらえる会社。

――デベロッパーを志すようになったのは、いつ頃ですか?

ちょうど東日本大震災があった年、僕が高校3年の時でした。全国高校軟式野球大会で東北地方の高校の選手と仲良くなったのですが、津波で家を失っていた彼に、「大学進学を諦めて建築会社に就職するつもりだ」と聞かされたことが衝撃的で。自分も何か復興や街づくりに携わる仕事ができないか、と考えて、総合デベロッパーを志すようになりました。
ですから、大学でも都市計画や土木、防災などを学んできましたし、就職活動を行うにあたっても、まずはデベロッパーのインターンシップに参加して、仕事内容を自分の目で確かめたいと思ったんです。

――会社を見るうえでポイントにしていたことは?

大学名ではなく、自分の中身を見てくれる会社かどうかを重視していました。僕の場合、高校時代は野球に夢中だったので、大学に入ってからも勉強面では苦労しました。でも、フットワークの軽さや行動力はあると思っていましたし、デベロッパーに入りたいという想いの強さは誰にも負けないつもりでした。だから、中身を見てもらえれば、と考えていたんです。
きっと、それもありますね。新日鉄興和不動産に惹かれたのは。5Daysインターンシップ前の面接でも、「もっと属さんのことが知りたい」と、長所を引き出すような投げかけをしてもらえたので、自分らしさをありのまま、飾らない言葉で伝えることができました。

マンションは設計士がつくるもの。
そんな思い込みが覆された。

――5Daysインターンシップの感想を聞かせてください。

九州では、八幡東田地区をはじめ、大規模な“面”での開発現場を見学。商業施設からマンション、戸建て、公園などまで、文字通りの「街づくり」を体感することができ、総合デベロッパーへの志望度が一段と高まりました。
一方、東京では、分譲マンション事業を担当している住宅事業本部に配属となり、蒲田に建設途中の物件や綱島のモデルルームを見せていただきました。このうち特に綱島で気づいたのは、そこに住む人の暮らしが浮かび上がるよう、モデルルームがしっかりとつくり込まれているということ。そして、壁の色一つにも社員の方の意見が反映されていることです。
実はそれまで、マンションづくりの主体になるのは設計士だと思っていて、この分野に関心を持てずにいたのですが、実際のところは、すべてがデベロッパーの責任のもとに進められていた。マンションも自分の色を出せる分野だとわかったのは、発見でした。

――その他に印象に残った出来事はありますか?

仕事の後に、二人の社員の方と飲みに行ったことですね。お酒の席でもあったので、ざっくばらんに、熱く、深いお話を聞かせてもらいました。恋愛話なども含めて色々と(笑)。
仕事中はお二人とも、とても真面目な雰囲気だったんですが、飲み会での印象は昼間とは打って変わってフランクで。そんな風にオン・オフの切り替えがはっきりしているのって、いいですよね。自分もこういう社会人になりたいなぁ、と思った夜でした。

都心を歩き、オフィス街を見て、実感できた。
東京の会社でなければ挑めない仕事があるんだ、と。

――5日間を通して自分自身にどんなプラスαがあったと思いますか?

大きくは2つありますね。一つ目は、周囲の仲間たちが、1・2年生の時からインターンシップに行っていたり、長期のインターンを経験しているのを知って、自分の活動の遅れを痛感したこと。九州在住という地理的なものを言い訳にしていてはいけないと反省し、能動的に動くようになりました。
二つ目は、東京に出て勝負していく覚悟ができたことです。僕はもともと九州が大好きなので、福岡で自分のやりたいことができれば、それがいちばんいいと考えていました。しかし、インターンシップで都心を歩き、オフィス街を見て、東京でなければできないことがあるのが現実だ、と認識したんです。

――入社できたら、どんな仕事がしたいですか?

面開発やオフィスビル、商業施設の開発など、やりたいことは山ほどありますが、どんなフィールドであれ、エリアの価値を高める仕事がしたい。そのためにも、まずしっかりと力をつけて、ゆくゆくは代えの効かないエースになっていきたいです。 新日鉄興和不動産はこれから成長路線を目指していく会社ですから、若手社員に寄せられる期待も大きいだろうと感じています。やるからには、その期待以上の働きをしたいですね。