INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
波田 妃奈
明治大学
政治経済学部

包み隠さず何でも話し、相談できる。
“家族”のように
信頼のおける人に出会えた!

志望業界と自分との間にあった“ズレ”。

――新日鉄興和不動産のインターンシップを
どのように知ったのですか?

この会社に内定していた学部の先輩に紹介されて知りました。私は大学1年の時から就職活動に力を入れており、外資系・ベンチャー系のコンサルティング会社や金融機関など、志望業界のインターンシップにいくつも参加していたのですが、会社自体の雰囲気やカルチャーが自分にマッチしていなかったようで…。「入りたい」と思う企業に巡りあうことができませんでした。そんなとき、先輩に勧められたのが新日鉄興和不動産のインターンシップだったんです。

――最初に参加したのは街づくり体感セミナーだと思いますが、
会社についてどんな印象を受けました?

一言でいえば、「街づくりのプロ集団」という感じです。街づくり体感ワークをした後に、社員の方のフィードバックを受けながら、「人と向き合う」「百年先の街を考える」といった会社の理念を具現化するために、皆さんがどれほど知恵を絞り、情熱を注いでいるのかを知って、仕事へのこだわりに感銘を受けました。
また、それまで見ていた会社は、個の力でガツガツ闘っていくような雰囲気の業種でしたが、新日鉄興和不動産は個人の力だけでなく、組織の力で連携しながら仕事をしているのが分かり、温もりのある企業文化にグッときましたね。

デベロッパーは建物をつくるだけでなく、
大きな社会問題にも
アプローチしていける意義深い仕事だった。

――5Daysインターンシップでは、
どんな就業体験をしたのですか?

「BIZCORE(ビズコア)」という中規模オフィスビルの開発を行っている部署に配属されました。そこでは建設中の物件や竣工後のビルを見学したり、会議に同席したり、物件の収支を計算する課題に取り組んだりと実践的なワークを幅広く体験させてもらいました。なかでも会議で印象的だったのは、社員の方が自分の想いを発信するだけでなく、ゼネコンの方やいろいろな関係者の方に、まんべんなく話を振って意見をすくい上げながら、議論を前に進めていたこと。「会議を回すって、こういうことなんだなぁ」と実感し、プロジェクトを指揮していくデベロッパーの仕事にさらに惹きつけられました。

――九州の街づくり見学で感じたことも教えてください。

北九州の八幡東田地区では、長年開発を担当されている社員さんにお話を伺って、未来的な環境都市を見学しました。九州に行くまで、デベロッパーというのは建物をつくるだけかと思っていましたが、環境問題にもアプローチできる意義深い仕事なんだな、と。私にとってそれは新しい発見でしたし、真の意味で街を想い、使命感を持って開発している会社だからこそ、地域の人々にも愛されているのだということが理解できました。
八幡東田地区は新日鐵住金の製鉄所があり、企業城下町として栄えてきた場所ですが、私の出身地も三重県の四日市市で、同じく工業の街なので、故郷をこんな風に再生できたら…と。将来の目標が一つ増えた2日間でもありました。

新日鉄興和不動産は今まさに成長期。
入社できたら新規事業の立ち上げにも挑んでみたい!

――5日間を通じて自分自身にどんなプラスがあったと思いますか?

いちばんの収穫は、どんな会社で、どのような人たちと一緒に働きたいかというイメージが明確になり、新日鉄興和不動産をめざす気持ちが固まったことですね。
この会社の皆さんは、私たち学生の熱意をしっかりと受け止めて、本気で向き合ってくれる人ばかり。例えば人事の方たちも、「学生相手だから簡単な説明しかしない」とか「会社の良い部分しか話さない」というのではなく、かなり踏み込んだところまで本音の対話をしてくれました。ですから私も、皆さんのことを“家族”のように信頼し、弱みも含めて自分自身をさらけ出しながら、さまざまなことを話し、相談することができたんです。

――「人」に惹かれたのですね。

はい。その通りです。それと、事業面で魅力的だなと思ったのは、会社自体が成長期にあるということ。2018年には赤坂への本社移転と組織再編が行われ、新規事業の検討を進める部署も創設されたと聞いています。新規事業の立ち上げに携われるという意味においても、今は千載一遇のチャンスだと思うので、入社できたら自分もぜひ参画してみたいですね。他にも、私は学生生活を通じて語学にも注力し、海外留学も経験してきたので、機会があれば海外事業にも挑戦したいと考えています。