INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
八代 康佑
明治大学
政治経済学部

全員がブレない軸を持っている。
この会社のあり方が、
野球部のチームづくりと重なった。

九州で、地方開発の理想像を見た。

――どのような動機からデベロッパーを志したのですか?

私はもともと故郷・鹿児島への想いが強く、地元に恩返しができる仕事に就くのが夢でした。そのため当初は公務員をめざしていたのですが、「公務員だと、やりたいことがあっても、すぐには実行できないだろう」と思いいたりました。それから意思決定の速い民間に就職活動の舵を切り、街づくりという公共性の高い仕事ができるデベロッパーに興味を持ったのです。
そして、インターンシップが行われる会社を探していくなかで、出会ったのが新日鉄興和不動産。地元の九州へ赴いて、地方での開発が学べるというプログラム内容は、私にとって非常に魅力的なものでした。

――実際に北九州へ行ってみて、どんなことを感じましたか?

「地方開発はかくあるべき」という理想像を見た気がします。再開発などを行う際、人口の多い首都圏では、それなりの土地に、ある程度のものを建てれば人が集まり、採算も取れると思いますが、人口の少ない地方の場合、ただ建物をつくるだけでは上手くいかない。これは地方出身者である私が漠然と感じていたことですが、現地で働いていた社員の方が、私と同じ問題意識をお持ちで、それぞれの地域特性や人のニーズを細部まで把握した開発を実施されていることに感動を覚えました。
そしてまた、人を惹きつけ、呼び込める街づくりだけでなく、そこに移り住んだ人々に“定住してもらえる工夫”がなされている点も素晴らしいな、と。

課題に取り組み、改めて気がついた。
デベロッパーの仕事は一人ではできないのだ、と。

――定住してもらえる工夫とは?

例えば、北九州に建設されていたあるマンションは、“二人世帯から四人世帯、そしてまた二人世帯へ”という風に、住む人の家族構成が変化をしても、快適に暮らし続けられるよう、間取りが自由に変えられる構造になっていました。また、退職後に住み替えをされるご夫婦向けの物件は、「病院のそばにつくった」とも伺って。地方のニーズを上手く汲み取っているな、と思いましたね。

――東京での就業体験はどうでした?

私はマンション開発を行っている住宅事業本部の開発第三部でお世話になりました。このとき、私に付いてくださった社員の方は、化粧品&美容の総合サイト「@cosme(アットコスメ)」のサポートにより、板橋に女性の美しさを引き出すマンションを企画するなど、従来にない斬新な発想で物件を開発している方でした。
この企画内容を聞く前に、私自身も、物件の基本コンセプトを考えるという課題に挑戦。2日間必死なって街の特性を調べ上げ、周辺マンションの傾向も踏まえながら案を取りまとめた結果、「企画の方向性も取り組む姿勢も良かった」と評価してもらうことができました。ですが反面、「八代君は一人で頑張っていたけれど、もっと質問をしてくれれば、さらに良い案がまとまったはず」「デベロッパーの仕事は一人で進めるものではないのだから」という指摘も受けて…。コミュニケーションの重要性を再認識しましたね。

優秀な仲間たち語り合い、ともにワークをしたことで、
自己分析が深まった。

――その他に、インターンシップで得られたことはありますか?

自分自身を客観的に評価できるようになったと思います。この会社のインターンシップには、都市計画や建築を専攻している学生が多数参加していたため、彼らに比べて自分は後れを取っているな、と。知識不足を痛感させられました。でも逆に、自信が持てた部分もあったんです。
私は大学で学生運営の軟式野球部に所属しており、2年の秋には自ら手を挙げて監督に就任。部員の声を聞くことを大事にしながら、チームをマネジメントしてきました。ですから、優秀な学生が集まっていたインターンシップのグループワークでも、メンバーの意見をまとめる調整能力の部分で力を発揮できることが分かり、自己分析が深まったと思います。

――新日鉄興和不動産という会社には、どんな印象を持ちました?

ざっくばらんで楽しい方や、冷静沈着な方、チャレンジ精神あふれる方など、色々な社員の方がいる会社、という印象ですね。そして、個性は十人十色だけど、根底の部分にある想い、つまり「人のため、街のために、こだわり抜いて仕事をしていく精神」は共通しているという点が、この会社の特長だと思いました。
私もかねがね部活をマネジメントするなかで、「皆が同じ目標を持っていて、軸のブレないチームは強い」と感じていたのですが、新日鉄興和不動産の社員さんも皆、ブレない信念を持っていた。そこの部分に、組織としての強さや魅力を感じますね。