INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
木村 優希
京都工芸繊維大学大学院
工芸科学研究科

私がやってみたいこと。
新しいカタチの地域再生が、
この会社でなら叶えられるはず。

建築の一部分を担うより、
総合的な観点で場所づくりができる業界へ。

――どのような考えを軸にして就職活動を始めたのですか?

私は大学及び大学院で建築学を専攻してきましたが、就職にあたっては、設計職や施工管理職のように建築の一部分を担うのではなく、総合的な立場から場所づくりができる仕事に就きたいと思っていました。そこで、この考えを軸にして業界を絞り込み、不動産デベロッパーなどのインターンシップに参加していきました。

――総合的な立場でものを考えていくことに興味を持ったきっかけは?

建築のコンペに応募したときのことなのですが。それまで、自分一人で設計してもなかなか上手くいかなかったものが、設計の得意な友人、模型づくりが得意な友人、そして企画をするのが好きな私でグループを組んでみたところ、納得のいくものが仕上がって、コンペに入賞できたんです! この経験をしてからですね。自分は設計などの専門分野で働くよりも、総合的な観点でものを考えるほうが向いているし、やりがいも感じられるだろう、と気づいたのは。
そして、新日鉄興和不動産のセミナーに参加して街づくり体感ワークをした際も、私の案に共感してもらえ、他の人たちの意見によって、さらに良いプランへと磨き上げられていくのがとても楽しくて。自分の目指す方向に確信が持てた気がします。

デベロッパーのつくる建物に対して、
画一的なイメージがあったけど…

――5Daysインターンシップの就業体験はどうでした?

私は「BIZCORE(ビズコア)」という中規模ハイグレードビルの開発を行っている部署で就業体験をすることになり、開発現場を色々と見せていただきました。実はそれまで、「デベロッパーのつくる建物は、大規模開発以外どれも似たようなもの」という印象があったため、この部署への配属が決まったときは複雑な気持ちだったのですが…。同じブランドのビルであっても決して画一的でなく、一棟一棟に地域に合わせた工夫が凝らされていたんです。
例えば、IT企業が多いエリアのビルは内装が明るいグレー調、堅い業種が集まっているエリアの建物は重厚感のあるカラー、という風に、地域特性に合わせて色味が厳選されていたり。その街ならではのグルメ情報をエレベーターホールのモニターに表示していたり。空間の装飾やコンテンツの一つひとつが入念に吟味されているのを知って、イメージが180度変わりました。こんなにもこだわってビルをつくっているんだ、と。

――九州のフィールドワークで印象に残ったことは?

新日鉄興和不動産が開発した街はもちろんですが、八幡製鉄所の見学も強く心に残っています。スケールの大きな工場内を巡りつつ、社員の方の“鉄”に対するこだわりや誇りに触れて、新日鐵住金のメーカーとしての力を実感。就業体験のときに感じた新日鉄興和不動産のモノづくりへのこだわりは、「こうしたバックボーンがあるからなのだ」ということが理解できました。

他社が二の足を踏むような難しい案件にも
挑んでいく。
気骨のある社風に魅せられた。

――木村さんは、他社のインターンシップにも参加されていますよね?

はい。他のデベロッパーとリノベーション会社のインターンシップに参加しました。私がリノベーション業界も回ってみたのは、大学院でエリアリノベーションを研究していたことが理由です。でも、デベロッパーのほうが、街づくりという規模で仕事ができますからね。次第にこちらに気持ちが傾いていきました。
そして最終的には、新日鉄興和不動産を第一志望にしようと考えたのですが、その決め手になったのはある社員さんの言葉でした。「うちの会社は地域に貢献するために、人気エリアから外れた場所の開発や、権利調整が複雑な土地の開発など、他のデベロッパーが二の足を踏むような難度の高い案件にも挑んでいる」と伺って、困難を厭わず挑戦するスタンスに共感したんです。

――将来やってみたい仕事はありますか?

大学院での学びを活かし、「今あるものを残して生かす街づくり」に挑戦してみたいです。デベロッパーの仕事は、古い建物を壊す開発が主流ですが、今そこにある街並みは、人々の暮らしの結晶とも言えるものなので。建物は残しつつ、ソフト面を考慮した改装で、地域を元気にする方法を探求したいと考えています。
業界内でもリノベーションによる広範囲な地域再生は前例がなく、ハードルは高いと思います。ですが、困難に立ち向かう精神や、モノづくりにこだわっていく文化があるこの会社でならば、実現できるに違いないと信じています。