INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
竹井 夏美
九州大学
法学部

賃貸事業本部
賃貸営業第一部

地方の狭い世界から、
全国の学生が広く集まる就活の場へ。
良い意味で“焦り”を自覚できた。

地元に縁のある新日鉄興和不動産。
インターンシップの開催を待ちわびていた。

――新日鉄興和不動産のインターンシップを、どのように知ったのですか?

自分で検索して、知りました。私はもともとデベロッパー志望でして…。賃貸物件の仲介のアルバイトを契機に不動産に興味を持ち、広い視点で不動産に関われる業界へ、と考えていたんです。なので、新日鉄興和不動産に関しても前々から存在を知っており、地元・福岡の街づくりも手がけているということで、「九州でインターンシップが実施されるのではないか」と期待しながら、情報が発信されるのを待っていたんです。
また、以前東京に行って品川インターシティを見て以来、こんなビルをつくることが私の目標なのですが、企業研究を進める過程で、ここを開発したのも新日鉄興和不動産だということを知り、ある種の運命を感じていました。

――参加する前から随分調べ込んでいたんですね。

はい。就職活動にお金のかかる地方の学生にとって、地元でインターンシップをやってくれる企業は有り難いですからね。馴染みのある九州だけでなく、先進的な都心の開発も学べるということで、ぜひお話を伺おうと思いました。交通費宿泊費等が全額支給されると聞いて、ラッキー!と思った記憶もあります(笑)。

就業体験で学んだことは、
中長期的な視点を持つことの大切さ。

――ご出身も福岡県ということですが、
北九州の開発エリアに足を運んだことはあったんですか?

八幡東田にあるスペースワールドには何回も行っています。実は電話で5Daysインターンシップ合格の連絡をもらった時も、スペースワールドで遊んでいたんです(笑)。
ただ、電力の自給自足など、「世界の環境首都」を目指した開発の詳細は知らなくて…。過去の公害問題を解決するだけでなく、むしろプラスに昇華するような街づくりが行われているということをインターンシップで伺って、地元の良さを再認識できました。大分に関しても、北九州同様にコンパクトシティを目指した街づくりが進められていて、高齢者も安心して暮らせるような仕組みは凄く良いな、と共感しました。

――東京での就業体験の内容は?

私が配属されたのは都市再生部という部署で、赤坂にあるビルの建替え案件について、「どんな建物をつくるのがふさわしいか」を社員の方と一緒に考えました。デベロッパーって、建てようと思えば、派手なビルでも何でも建てられると思うんですが、この時、社員さんが最も留意していたのは、周囲の景観や雰囲気に調和した建物をつくること。そして近隣の皆さんと信頼関係を築くため、町内会やお祭りにも参加しているというお話でした。周囲の皆さんとは、開発時だけの関係じゃないですからね。建物に関しても、人間関係に関しても、中長期的な視点を持つことが重要だと気づき、良い教訓になりました。

地方の学生も積極的に参加して、
良い刺激を受けてほしい。

――会社の雰囲気はどうでした?

勤務地や年次に関係なく、社員同士のコミュニケーションが闊達で、とても風通しが良い雰囲気でした。皆さんがそれぞれの個性を発揮しながら、のびのびと働く姿が心に残っています。また、面接の時に、私たち学生の考え方や価値観を深く理解しようとしてくださる様子に触れて、人を大事にしている会社だな、とも感じました。
あと、これはちょっと余談ですが、私は体質的にお酒が飲めなくて…。アルバイトの経験から、不動産業界はかなりお酒を飲むイメージがあったので、少し心配していたんです。けれど、懇親会の席でも強要されるようなことは一切ありませんでした。社員の中にも飲めない方が沢山いらっしゃいましたし、イメージは杞憂でしたね(笑)。

――5Daysを通して、どんな収穫があったと思いますか?

良い意味で“焦り”を自覚できたことが収穫だと思います。九州の学生がまだノンビリしている時期でも、東京の学生は就活モードに入っていましたし、持っている情報量も圧倒的に多かった。九州でグループワークをする時は、私が引っ張る立場でしたが、東京に来ると周りのレベルが高くって…。自分ももっと頑張らなければ、と気が引き締まりました。
地方の学生は、地理的な要因から関東や関西の学生に比べてインターンシップに参加しにくいかもしれませんが、ぜひ能動的に活動し、ほかの地域の学生、特に関東の学生と交流することで良い刺激を受けてほしいですね。

※インタビュー中の部署名は取材当時のものです