INTERVIEW 過去参加者の今だから言えるホンネINTERVIEW

インタビュー者名前
山口 愛里子
上智大学
総合人間科学部

賃貸事業本部
賃貸営業第三部

最も印象に残っているのは、
社員の皆さんの圧倒的な熱量。
本当にカッコいいなと感じた。

きっかけは、自分が住んでいる街の再開発。

――山口さんは、どんな考えを持って就職活動を始めたのですか?

就職活動を始めた頃は、自分が何をしたいかも分からない状態でした。なので、まずは業界を知ろうと思い、金融、インフラ、ITなど、分野を問わずに研究をしていく中で、社会に影響力のある仕事や、誰かの役に立てる仕事がしたい、と考えるようになりました。 ちょうどその頃、私の住んでいる大崎エリアで再開発が進んでいて。どんどんと便利に、綺麗に変貌していく街の様子を見るうちに、この街に住むことの幸せを感じるようになったんです。そこで、誰が街づくりをしているのかを調べた結果、総合デベロッパーという業種の存在を知ることに。それからですね、デベロッパーにハマりだしたのは。

――新日鉄興和不動産のインターンシップは、どのように知りましたか?

人材会社のコンサルタントの方に紹介されて知りました。そして申し込んだ街づくり体感セミナーが、私にとって初めてのデベロッパー体験でした。業務知識は全くない時期でしたが、ワークを通じて、「これはやりがいがありそうだ」と直感。また、その後の5Daysインターンシップでは、都市創造部で就業体験をすることになり、大崎エリアの開発に携わられた社員の方から仕事を学ぶことができたんです!私の志望動機に合わせて部署と人を選んでくれるなんて。細やかな配慮に感激しました。

デベロッパーは正解のない仕事だからこそ、
とことんまで考え抜く姿勢が大切なんだ。

――就業体験はどんな内容でしたか?

1日目は、都内にある複数の再開発現場を見学させていただきました。なかでも三田は、再開発が済んだ地区の隣に、これから再開発が行われるという古い街並みがありまして。地震や火災といった防災面でのリスクを痛感する中で、再開発をすることの社会的意義を確認できました。
続く2日目は、課題に取り組む1日でした。3つの駅の中間にある分譲マンションについて、「どの駅を最寄り駅として売り出すべきか」という課題を出されました。駅に向かう道の分かりやすさやターゲット層を自分なりに考慮して、最寄り駅を選定したところ、社員の方から「考えたプロセスも併せて提案してくれた点が良かった」というフィードバックをいただきました。そもそも、「最寄り駅をどこにするか」は正解のないワーク。だからこそ、その方は自分の力で考え抜くことの大切さを伝えようとしてくれたのだと思います。また、最寄り駅を決めるという、一見単純なことでも、担当者の方があらゆる点を考慮しながら、実際に歩いて、調べて、考え抜くことで初めて決定されるその過程に、強いこだわりを感じました。それに、実際に現在進行中のことを課題として与えてくださり、仕事のリアルを伝えようとしてくれた点がすごく嬉しかったのを覚えています。

――九州ではどんなことを感じました?

最も印象に残っているのは、社員の皆さんの圧倒的な熱量ですね。九州では日本初の水素タウンなど、先進的な環境都市ができていることにも感銘を受けましたが、それをつくっているのは社員に他ならず。「この街を、日本を代表する街にする」という熱意あふれる言葉を聞いて、本当にカッコいいなと思いましたし、地方開発こそ、日本を元気にするための起爆剤になりうると感じました。

街づくりに関心を持つ同志たち。
みんなと情報交換する中で、やるべきことが明確に。

――会社について感じたことはありますか?

社員さん同士の関係性がとても良いこと。そしてやっぱり、誰もが熱く、こだわりを持って働いているところが魅力的だな、と。そこで思い切って、ある社員さんに皆さんが高いモチベーションで働けている理由を聞いてみたところ、「人数が少ない分、若手のうちからどんどん仕事を任せてくれるし、若手も“自分がやっていくんだ”という意志を持っている」とのことでした。そうした意識が共有されているのは素晴らしいことですし、私も熱い気持ちで街づくりに挑んでみたいと思いました。

――学生同士の交流から得られたことは?

私は他のデベロッパーを見ていない状態で、新日鉄興和不動産のインターンシップに参加したのですが、周りは「最初からデベロッパー志望」という人もいて、意識の差を痛感しました。建築や都市計画を専攻している人も多く、知識量が違ったので、焦りも感じましたが、それが逆に「追いつきたい」という意欲につながって、沢山のことを吸収できました。また、インターンシップで仲良くなった人たちとは、その後も頻繁に情報交換。ここで出会った仲間たちの存在があったからこそ、自分に足らないこと、すべきことが明確になり、就職活動を乗り切れたのだと思います。