Loading

災害復興支援

釜石復興公営住宅

釜石市の早期復興と新たな街づくりを支援

2011年4月、釜石の復興と新たな街づくりを担う「釜石復興タスクフォース」を組成し、復興計画の検討を開始。同年7月、釜石市に「復興計画案」を提示し、9月には具体策の提案を行いました。この提案内容は、同年12月に釜石市が発表した「復興街づくり基本計画」に盛り込まれ、その後、復興公営住宅の整備に向けた協議が行われました。そして2012年7月、復興公営住宅の整備計画について釜石市と合意に至り、2013年3月にはI期54戸が、2015年2月にはII期156戸が完成しました。I期54戸の整備については、震災後のいち早い整備を目指し、工期が短く、経済性に優れたスチールハウス工法を採用、岩手県内で木造を除く新築集合住宅では最も早い整備を実現しました。

震災復興のみならず、持続的発展を見据えた課題解決のための支援にも取り組む

II期156戸については、スチールハウス工法の他に、資材不足の被災地において、RC造に比べ短工期・低コストにて高層の鉄骨造を採用した結果、限られた敷地の中で多くの戸数を整備しました。また、フロアや隣戸単位での住民間の語らいの場として「コモンテラス」・「コモンバルコニー」を設け、日常動線内での住民同士の交流促進、さらに、高齢者・単身者の「見守り」も兼ねたコミュニティの醸成を図ったほか、集会所や中庭を設け、地域住民の集いの場となるような施設計画としています。現在は、こども園・児童館等の一体整備事業を進め、保育環境の整備という、震災復興のみならず、地方都市の持続的な発展を見据えた課題解決のための支援に取り組んでいます。

釜石復興プロジェクト動画

ショートver. 1分42秒

ロングver. 6分20秒

関連ページ